×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デュシット宮殿/2010年06月11日更新
━━━━○

デュシット宮殿

━━━━━━━━○
白壁に囲まれた、20万平方メートルの王宮の敷地内には、1782年のラマ一世による王宮の建設着手以来、増築を重ねて現在にいたった王宮の歴史をたどるかのようにいくつもの宮殿と、王室を見守ってきた守護寺院ワット・プラ・ケオ(エメラルド寺院)が存在します。 ナ・プラ・ラーン通りに面する王宮の正門(北門)ウィセートチャイシー門を入ると、手前の芝生を越えた正面奥にそびえるのが、タイ様式とビザンチン様式を折衷させたチャクリー・マハオウラサート宮殿です。 これはラマ5世がチャクリー朝100周年を祝い建立した宮殿です。 チャクリー宮殿の右手にあるのは、デュシット宮殿です。 白い外壁に7層のきらびやかな色彩の屋根が載せられているのがみえるでしょう。 この宮殿は、ラマ1世によって建立され、王宮の敷地内では最古の建築とされ、タイの伝統建築の傑作といわれます。 内部には、ガルーダの紋章がついた玉座があります。 ガルーダは、ヒンズー教のヴィシュヌ神の乗り物とされる半人半鳥の神です。 タイ王室の象徴とされています。 先のチャクリー宮殿が、西洋のビザンチン様式とタイの伝統的な様式の折衷であるのに対し、このデュシット宮殿は、暁の寺(ワット・アラン)と同様、インドのヒンズー教色が色濃い建物です。 玉座は2種類で、真珠貝をあしらった黒漆塗りの象眼細工のものと、南側の側廊に置かれた銀の小玉座のです。 ラマ一世が崩御されたときにここに遺体が安置されたことから、王族の遺体はいったんここに安置されたあと、荼毘にふされるようになりました。 はすの葉や花を描いた、落ち着いた色調の壁画が飾られています。 [PR]
CR北斗の拳
秋元康/浦川まさる/佳弥
待受ギャラリー
篠原千絵
キャンディトークアルバイト経験者歓迎

━━━━○
━━━━○
●━━━━━━━━
(C)デュシット宮殿
●━━━━